ウォーキング
今何か運動していますか。健康にまつわる話をする時に必ず出てくる常套句です。
今、健康を維持するためにウォーキングを行なう人が増えています。
それは、ウォーキングは負担の少ない有酸素運動であるからです。

毎朝の散歩を日課にしたり、ウォーキングイベントに積極的に参加している人、また週末には山歩きをするという人など、歩くという健康法が広く認識されてきています。

しかし一方で、働き盛りの30歳〜40歳代に、運動不足の人が増えているのも事実です。
毎日の仕事に追われ、仕事内容はパソコンに向かったデスクワークが中心、時間との戦いの中で車移動を選ぶことになり、という日々を過ごしていれば、どうしても運動量は少なくなってしまいます。

運動不足や過剰なストレス、それに規則正しい食事が摂れなかったり、といった理由で、40歳代の男性のおよそ半数が生活習慣病の予備軍と言われています。
そして定期健康診断での必須検査項目の追加から、メタボリックシンドロームへの関心も高まってきています。

会社全体でメタボリックシンドローム予備軍への対策として、ダイエットを進める運動を行なっているところもありますね。

ダイエットと言っても、極端に食事を減らしたり、また過激な運動を始めては逆に体調を壊してしまいます。
不規則な食生活を正し、運動はウォーキングのような負担の少ないことから始めるとよいでしょう。
勤務時間が長く、わざわざ歩くために時間を取れないという人も、例えばエレベーターやエスカレータを使う代わりに階段を使ってみるなど、ほんの少しからだを動かす機会を増やすだけでも効果はあります。

食後30分経った頃からの軽い運動は、血糖値を下げる効果もあるため、糖尿病の人、またその危険因子を持っている人は特にお昼休みに、少しからだを動かせるとよいと思います。
適度な運動を毎日続けることで、健康的なからだを手に入れてください。

少し生活パターンを工夫するだけで、忙しくて運動やウォーキングに費やす時間がないという人も、歩けるチャンスは見つかると思います。
長く歩こうと思わず、少しでもいいから歩く場面を作ることから始めてみてください。




カテゴリー

歩き方と歩く習慣
まずは、気軽に歩くことからはじめて、習慣化するための考え方とダイエットへの捉え方について触れています。
ウォーキングの準備と終了
ウオーキングをする時、歩き出す前にストレッチをして準備運動をします。そしてウォーキングの後はゆっくり体をクールダウンします。
ウォーキングでエクササイズ
ダイエットや健康維持のためにウォーキングを始めたら筋力アップを図るために徐々に運動量を上げていくことが重要です。
ウォーキングとジョギング
ウオーキングの速度を上げていくとジョギングに近くなるが、双方の運動について考察してみましょう
ウォーキングに適した場所
ウォーキングをする場所を選ぶことで効果の現れ方が違ってきます。目的に合わせてウォーキングの場所を変えるのも効果的です。
ウォーキングの継続と記録
ウォーキングの記録を付けていくことで継続することの励みになることがあります。
ウォーキングとマッサージ
ウォーキングをする前の準備としてマッサージをすることにより健康増進の効果をあげることが出来ます。
ウォーキングと飲食物
ウォーキング前後の飲食物によってウォーキングの効果をアップすることが出来ます。水分補給はもちろんですが、そのほかにもいろいろ研究されています。
ウォーキングとサプリメント
ウォーキングでダイエットするときにその補助としてサプリメントの併用も効果があるものになります。
ウォーキングにダイエット器具を利用
ウォーキングでダイエットした後リバウンドを防ぐためには、少し筋肉質に肉体改造するすることをお勧めします。