ウォーキングでダイエットをするのTOPに戻る
「ウォーキングでダイエットをする」トップ >  歩き方と歩く習慣 > ウォーキングを習慣にしましょう




ウォーキングを習慣にしましょう

多くのダイエットを意識している人や運動不足の人の中の間では、何か運動を始めるとしたらウォーキングでしょう、と考えているようです。
手軽に始められて、そしてまた続けられそうな感じのイメージがあるからでしょう。

それでは健康を維持する為の運動としての効果やダイエットの効果を得るためには、目安としてどれくらい歩いたらよいのでしょうか。
1日30分以上、それも軽く汗ばむ程度の早足で歩くことで有酸素運動としての運動効果が期待でき、1日の累計1万歩歩くことを目安とされています。
ダイエットを目的にしている人なら、なおさら体重や体脂肪の値が結果となって出ることを期待してしまいますよね。
しかしながら、どの程度歩いたからどれだけの効果が出る、と数字であらわすことは、個人差も大きい為、一様に現すことは難しいようです。

しかし、目標とする歩き方の目安をつけるにしても、それを無理なく達成できるようにする為には、まずウォーキングの習慣をつけることが大切です。そこから始めなければなりません。
いきなり、30分以上のウォーキングを毎日することを目標にしなくても、2日おき、3日おきにするというのでも、それなりに効果は得られます。

3日坊主ではなく、間があいてもまた、ウォーキングを続けようとする気持ちが重要です。
まず歩く習慣をつけ、歩いて行くうちに段々と、効果的な速度や歩幅などを身に付け、負荷を上げながら運動効果を上げていくような進め方がよいでしょう。

また、中には、やはり具体的な目標数値を持った方が、続けけて行きやすい人もいるでしょう。
目標数値の持ち方は、1日1万歩というだけでなく、例えば1ヶ月で10万歩というように長い期間で目標を定めるのも良いかと思います。
人によっては、始めは慣れるために、最初の3日間に1万歩、という無理のないペースでスタートするのは良いかと思います。
そして少しずつ目標の数値を増やしていけばよいのです。
目標と達成感を得ることで、ウォーキングが習慣化しやすいでしょう。



関連コンテンツ

歩くときの姿勢 姿勢正しく歩きましょう

ウォーキングを始める人が増えてきています。 ウォーキングを始める目的は、ダイエットのため、運動不足解消のため、また糖尿病や高血圧の症状改善のためと人それぞれです。 目的がいろいろと異なるため、・・・

基本の姿勢 正しい姿勢を身につけましょう。

これからウォーキングを始めようと思っている人は、まず正しい立ち姿勢から整えていきましょう。 歩く姿勢も気になることろですが、その前に、ゆがんだ姿勢のまま歩き始めても、足腰に負担をかけてしまいます。 ・・・

まずは歩くと言うことからはじめましょう。

ウォーキングは、身体に負担の少ない有酸素運動であることから、ダイエット効果ばかりでなく、高血圧や糖尿病の運動療法としても有効であることは、みなさんご存知でしょうか。 ウォーキングは、ウォーキング・・・