ウォーキングでダイエットをするのTOPに戻る




ウォーキングの後のクールダウン

”楽で簡単に短期間で減量できたらいいな・・・”とダイエットを始める前は、殆どの人が壮思うことでしょう。
しかし、実際ダイエットを始めた人ならそんなにうまく行かないことは、知っているはずです。
そんな短期間で簡単に、しかも健康的に美しくやせることなんて、なかなかできることではないのです。
健康を維持するのも、減量した体重を維持するのも、その努力を継続してこその結果です。

最近ではダイエットを目的としてウォーキングを始める人も多いようですが、これも、やはりすぐに結果がでるものではありません。
ウォーキングが習慣として定着して初めて、体脂肪や体重の減少や筋肉量の増加、疲れにくさなどの健康効果がじわじわと出てくるものです。
ウォーキングを習慣づけていくためには、やはりいきなり無理をせず、からだに負担をかけ過ぎない正しい方法で行なうべきでしょう。

運動を行なう前には体を慣らすため準備体操をしますね。
準備体操を行うことで、からだの柔軟性を引き出し、そして運動中のけが防止にもつながります。
では、運動を行なった後の、クールダウンはきちんと行なっているでしょうか。
負荷の高い運動を終えた直後は、からだはまだ興奮状態のままになっています。
そこで、段々と心拍を安定させ、後の疲労回復を早めるためにも、軽い体操を行なってクールダウンをすることが大切になります。
クールダウンを行わずにそのまま翌日を迎えると、その日の疲労感を持ち越してしまい、それが積み重なって行くと運動を続けることが難しくなってしまいます。
運動を終えたら、準備体操で行ったことと同じ一連の動きを行なってみてください。
また、自宅に戻ってから足指・足裏のマッサージを行なったり、柔軟体操をするのも効果的です。
入浴も疲労回復にはよいことなのですが、より効果が上がる方法としては心臓への負担があまりかからない半身浴をゆっくりと行なうことでしょう。

ウォーキングでダイエットを成功させるためには、少しでも長く続けることが大切です。
いつまでも、長く歩き続けられるよう、ウォーキングを行った後のからだのケアをきちんと行なってくださいね。



関連コンテンツ

ウォーキングとストレッチ

ウォーキングは誰にでも手軽に簡単に始められる運動として、ダイエットを目的としている人や健康に気づかう人に広く行なわれています。 敢えてウォーキングを実践する、と意識していない人でも、毎日の生活の・・・