ウォーキングでダイエットをするのTOPに戻る




エクササイズウォーキングで健康維持

ウォーキングを始めるのとき、健康維持のため、またはダイエットのためなどそれぞれ目的があることでしょう。
周りの景色を楽しみながら、会う人と交わす挨拶を楽しみながらのウォーキングは、身体だけでなく、気持ちまでたいへん元気にしてくれます。

ダイエットや筋力アップを目的としているならば、普段歩く時よりも早足で歩いたり、歩幅を広げて歩くエクササイズウォーキングを行ってみてください。
このように広い歩幅で、早足で歩くことによって、全身の筋力アップを図り、さらに心肺機能の改善などで、より健康なからだをつくることができます。

心肺機能を強化するためには、ウォーキングの時に脈拍を計測しながら少しずつ心臓に負荷をかけてみましょう。
始めの1週間は、脈拍数値を100くらいに維持して、2日乃至3日おきに歩いてください。
それで特に身体上問題がなければ、翌週は110、そして120くらいに目標を設定して歩きます。
歩く日数も週に5日くらいに増やすと効果的です。

しかし休養日も必要ですから、ストレッチ程度の日を週に2日くらいはつくってもよいでしょう。
気分がのらないときや、雨の日は、思い切ってウォーキングをおやすみすることもいいかと思います。
翌日のウォーキングに向けての準備の日、と考えましょう。

今は、腕時計に歩数計機能や心拍数測定機能が付いたものも発売されていて便利です。

歩く距離としては、2キロくらいから徐々に500メートルずつ増やしていきます。
最終的な目標としては、1時間で6キロ歩けると理想的です。

歩幅を意識して広げて歩くことにより、普段あまり使わなかった多くの筋肉を使うことになります。
その分、筋肉繊維も増加して筋力アップにつながり、また消費エネルギーも増えることになります。
スピード、歩幅をいろいろ変えたりして、より運動効果の得られるウォーキングを行なってください。



関連コンテンツ

ノルディックウォーキングでダイエット

最近、健康のため、ダイエットのため、また糖尿病や高血圧の治療の一環とか、予防の為とか目的は色々だと思いますが、ウォーキングを日課として取り組んでいる人をよく見かけるようになりました。 ダイエット・・・

ウォーキング中の呼吸法

人間は24時間、仕事しているとき、遊んでいる時、また食事している時も、そして眠っている時も、一瞬たりとも休まず無意識のうちに呼吸をしていますね。 それでも、日常の生活の中で意識して呼吸をしている人は・・・