ウォーキングでダイエットをするのTOPに戻る




ウォーキング中の呼吸法

人間は24時間、仕事しているとき、遊んでいる時、また食事している時も、そして眠っている時も、一瞬たりとも休まず無意識のうちに呼吸をしていますね。
それでも、日常の生活の中で意識して呼吸をしている人はあまりいないでしょう。
しかし、意識して複式呼吸を行なうことで、それが健康につながるということであれば、「少し試してみようかな」という気にはなりませんか?

腹式呼吸の仕方の練習方法は、まずは、身体の中の空気を全て出すように息を吐ききることから始めます。息を吐ききったら、今度は鼻から大きく息を吸い込みます。
この息を吸った時に、胸にではなくお腹に息が溜まるように膨らめば腹式呼吸になっています。
吐くときは鼻でも口でもかまいません、ゆっくり全て吐き切ってください。

腹式呼吸では沢山の酸素を身体の中に取り入れることができます。
また腹式呼吸は、腹筋や背筋をを使う為、自然と鍛えられるという運動効果も得られます。
また、複式呼吸は酸素を多く取りこめるため、脳が活性化し、ストレスを抑制する効果もみられるため、仕事の合間のリフレッシュにも有効な方法です。

そして、ウォーキング中に行なえば活発な有酸素運動ができることになります。
血液の循環がよくなり、脂肪が燃焼されやすくなるという嬉しいダイエット効果も期待できます。

ウォーキング中に、腹式呼吸を行なうには、次のように行なってみてください。
1歩を1カウントとして数え、始めは2カウント吸ったら次の2カウントで吐く、という呼吸法で歩き、段々慣れてきたら次は、4カウント吸って4カウント吐くというリズムで歩いてみてください。
最初は、歩きながら腹式呼吸を取り入れるというのは難しいかもしれません。
そのようなときは、日常活動の中で意識して腹式呼吸を練習するようにしてください。
身体に取り込む酸素の量が低下すると、代謝も低下し、引いては肥満の原因にもなりかねません。



関連コンテンツ

ノルディックウォーキングでダイエット

最近、健康のため、ダイエットのため、また糖尿病や高血圧の治療の一環とか、予防の為とか目的は色々だと思いますが、ウォーキングを日課として取り組んでいる人をよく見かけるようになりました。 ダイエット・・・

エクササイズウォーキングで健康維持

ウォーキングを始めるのとき、健康維持のため、またはダイエットのためなどそれぞれ目的があることでしょう。 周りの景色を楽しみながら、会う人と交わす挨拶を楽しみながらのウォーキングは、身体だけでなく、気・・・