ウォーキングでダイエットをするのTOPに戻る




坂道でのウォーキング

ダイエットに挑戦しては挫折し、また違う方法で、少し体重は落ちたものの、また戻ったり・・・
世の中、何を行なうにもその道のりは平たんなところばかりではありません。
何事も、下り坂があれば上り坂もあるようです。

できることなら体重の上り坂は避けたいところですが、ウォーキングに関して言うと、坂道での歩行は高い運動効果を得られるため、できることなら避けずにというより積極的に歩きたい場所です。

ダイエットを目的としてウォーキングをしている人ならなおさらです。
坂道や階段でのウォーキングを行うと、平らな道を歩くときに比較すると筋肉への負荷が増し、運動効果もより期待できます。
傾斜角度が10度程度のゆるやかな上り坂でも、平らな道を歩くときのおよそ3倍のエネルギーが必要とされるそうです。

ダイエットや筋力アップの目的を達成するためにも、毎日のウォーキングコースには積極的に坂道や階段を取り入れたいところですね。

しかし、ひとたび間違った歩き方をすると、足腰に余分な負担をかけ、無駄に疲労を残してしまいます。
どちらかと言うと上り坂では上体が前傾に、また下り坂では後傾になりがちですが、しっかりと背筋を伸ばし、上体は傾斜にとらわれず重力に従って垂直に立った姿勢を保つようにしてください。
歩く時に足元に注意を払うことは必要ですが、うつむいたままでは歩かないようにしましょう。

また、歩幅は平らな道を歩くときよりもやや狭くするほうがよいでしょう。
傾斜の大きな坂道を歩く場合、道の幅を利用してジグザグになるように歩くと、傾斜角をやわらげることができますが、そのような場合は周囲の道路状況を見て安全を確認し田植えで行なってください。

特に上り坂のウォーキングでは心臓への負担が増します。
ダイエット効果を急ぐあまり、無理してからだに大きな負担をかけたりせず、また休憩をとることも必要です。
無理な負担の少ない正しいフォームを身に付け、より効果的なウォーキングを楽しんでください。



関連コンテンツ

水中ウォーキングでダイエット

一億総半病人といわれている昨今ですが、最近は、健康志向が高まり、また高齢化社会に突入したことで、「自分の体は自分で守る」という考えの人も増えてきたためか、積極的に健康法に取り組む人が増えてきているよう・・・

階段でのウォーキング

健康のためにウォーキングを心がけている人は、1日の歩数を万歩計などを使って把握していることでしょう。 みなさんはご自分が1日におおよそ何歩くらい歩いていると思いますか? 日本では、15歳以上の人達・・・